格安人気 TRUSCO フェニックスワゴン 750X500 薄型1段引出付 W色 PEW672ZW 散水ホース、リール

格安人気 TRUSCO フェニックスワゴン 750X500 薄型1段引出付 W色 PEW672ZW 散水ホース、リール
格安人気 TRUSCO フェニックスワゴン 750X500 薄型1段引出付 W色 PEW672ZW 散水ホース、リール

●深さ48mmの引出しが1段付いており、書類の管理などに適しています。●引出しには飛び出し防止のラッチ機能が付いています。●柱にパイプを採用し組立段替が簡単です。 メーカー:トラスコ中山(株)

※画像はイメージです
イスカルX マルチマスター/ホルダー MMSDL170C20T08WH
※本商品は、メーカー取り寄せ商品となります
ビクター スクロールチャック TC165F 6インチ 3爪 分割爪 TC165F
※掲載商品は予告無く販売終了となっている場合があり、出荷確約をするものではありません
OSG エンドミル VPRELF35

十川 スーパートムフッ素イージーホース 9×15mm 20m ▼389-1071 FE-9 1本

HOZAN 導電性クッションマット(5枚入) F735

寺田 水圧テストポンプ 電動式 PP401T
■特長
東京センサ マットスイッチ 700X1000mm 左上スイッチ MS1074L
●深さ48mmの引出しが1段付いており、書類の管理などに適しています。
スーパーツール ステップクランプキット(M18、T溝巾20) 2018CK
●引出しには飛び出し防止のラッチ機能が付いています。
三菱K テーパードリル55.0mm TDD5500M5
●柱にパイプを採用し組立段替が簡単です。
TRUSCO バンラックケース L型 両開き扉 透明引出小X36個 T305LN36S

TONE ラチェットデジトルク T6DT500H
■仕様
スーパーツール ステップクランプキット(M18、T溝巾22) 2218CK
●最大積載量(kg/台):150
静岡 遠赤外線電気ヒーター 単相200V 2.0kW WPS20S
●均等積載量(kg/段):100
アルインコ 伸縮式梯子 1.02〜4.42m 最大使用質量100kg MSN44
●色:ホワイト
PELICAN 0370 OD 673×673×641 0370OD
●間口(mm):750
日平 プレセットタイプ トルクレンチ HTR10001
●奥行(mm):500
象印 三相200V小型電気チェーンブロック150KG ACK1530
●高さ(mm):600
象印 三相200V小型電気チェーンブロック250KG ACK2530
●段数(段):2
カノン 直読式デジタル丸穴ピッチノギス300mm ERM30J
●支柱径(mm):25.4
キトー セレクト 電気チェーンブロック 1速 60kg(S)x3m ED06S
●キャスター:自在式 75mm(2個) 自在式(ストッパー付) 75mm(2個)
TRUSCO バンラックケース L型 両開き扉 844X490XH1790 T604L
●棚板調整ピッチ:25mm
育良 鉄筋カッター ISMC13E
●引出し均等荷重:10kg
象印 単相100Vファイバーホイスト60KG 2点押ボタン BESK0650
●キャスター:自在式 75mm(2個) 自在式(ストッパー付) 75mm(2個)
PELICAN 0350 黒 571×569×540 0350BK
●こぼれ止め高さ:50mm
TRUSCO 回転台付アンビルバイス 300mm VRS300N

KTC 9.5sq.工具セット(チェストケース) SK3650XS
■材質·仕上げ
ULVAC ピラニ真空計(アナログ仕様) GP−1Gケース付き/WP−01 GP1GBWP01
●本体:スチール(抗菌粉体塗装)
イスカル X その他ミーリング/カッター MMSAL200C20T12C
●キャスター金具:スチール
STS 自動誘導レーザ墨出器(誘導受光器付) AGL41 AGL41
●車輪:エラストマー(省音タイプ)
エドワーズ フォアライントラップFL20K A13305000

TRUSCO バンラックケースCF型 F−1MX33個F−2TMX3個付 611CFA33C3TM

KANAI 給気一次用フィルター 1.6MX20M AF120AR1600X20

TRUSCO クリーンラビット 100φウレタン車SUS金具 1段引出ハンドル付 CRB953HVSU100
   ◎商品·製品仕様についてのお問い合わせ
KTC 9.5sq.工具セット(チェストケース) SK3650XBK

ユキワ ニュードリルミルチャック BT30NDC10120
   ※納期·価格·発送·決済などのお問い合わせはご遠慮ください
イスカル X ヘリ2000ホルダー HM90E90AD202C20

スーパー 立吊クランプ(ロックハンドル式)ワイド型 SVC3WH
   トラスコ中山株式会社  TEL:0120-509-849
HIOKI メグオームハイテスタ IR403310

イスカル ホルダー GHIR326
   受付時間 平日 9:00〜17:30
川上 タックプチ 600X42 スリット (2本/袋) 10263

ぶんぶく アンブレラスタンド USZ35P

TRUSCO M5型中量棚 900X471XH2400 7段 連結 NG M58357B

ユニオンツール 超硬エンドミル ボール R5×刃長50 CGB4100
  ◎納期·価格·発送·決済などのお問い合わせ
TRUSCO ドリルソケット焼入研磨品 ロング MT3XMT4 首下250mm TDCL34250

HIT 鋼線クリッパーシルバー 1050mm BC1050S
   Gaos  TEL:078-304-0100
MECHANICS ステンレス一斗缶スタンド 一段式 KK18S

Ampco 6角ソケット差込角3/4インチ用 AMCSS34D50MM
   受付時間 平日 9:00〜17:30
KANSAI 軽量型ワイドシャックル ストレートタイプ WRS 20t用 WRS20

SK 標準ハイトゲージ VHK20

エクセン リレーノッカー RKV20P RKV20P

ポインテッドトゥ ニーハイブーツ ストレッチ サイハイブーツ ピンヒール 脚やせ 美脚ブーツ おしゃれ ヒール8.5cm スエード ストレッチニーハイブーツ

格安人気 TRUSCO フェニックスワゴン 750X500 薄型1段引出付 W色 PEW672ZW 散水ホース、リール

細棹三味線 紫檀製 三折式 撥 胴掛け ハードケース共

【連載】第11回
●文章添削の着目レベル
 「文章は一ぺんに添削するわけではありません。着目のレベルがあります。どのようなレベルから添削をするのでしょうか。これは目的というよりは文章を添削する時の目的意識の問題です。つまり、どの部分を添削するのかという着目の仕方です。先ほどの話では、みなさんは、最初に文章をさらりと全体を読んでいました。つまり、文字を見る、文を見る、文と文のつながりを見る、段落全体を眺めるという手順は、具体的な方法としては正しいと思います。しかし、原則としては書き出しから順序よくよむということが大切です。あくまでも声として文章が読まれるのだと考えましょう。声として文章が順序よく書かれているかどうかを問題にするのです。そして、読み取った内容から部分ごとに何が求められるかと考えながら手を入れるのです。その上で、手順として添削のレベルを考えるのです。一回よむごとにシッカリと順序よくよむのです。

 「まず、文字を直す添削があります。文を直す添削があります。文と文のつながりを直す添削があります。文と文の入れ替えをする添削があります。段落全体の構成を見る添削もあります。こう考えると、ほとんど自分が文章を書くくらいの労力がいるものだということがわかります。ですから、みなさんも、添削をするのと、文章を書くのと時間的には変わらなかったのです。自分が文章を書くくらいの気迫で行かないと添削はできません。恐ろしいことです。でも、楽しいことです。恐ろしさと楽しさが同居しています。すごいでしょう。ですからわたしは退屈をせずに、割が合わなくても添削講座を続けているのです。その結果、今では、人の文章を読みながら赤ペンを持ってすぐに直したくなってしまうのです。実際に赤ペンで直しながら文章をよむこともしばしばあります。それは文章批評であるとともに、内容への批評へと発展します。

 「そもそも、文章を理解するということは、実は添削の作業のようなものです。ある人が言っています。
 ――文章をよむということは翻訳なのである。他人の言い回しを、自分のことばに置き換えるようなものなのである。

 「自分の持っている言語体系と照らし合わせて他人の言語体系をとらえているのです。外国語との関係で言うならば翻訳になるわけです。ですから、添削は勉強になるのです。おもしろいのです。でも、つらいのです。むずかしいのです。相手の文章が、すべて自分に分かるとは限りません。自分の言語体系からはみ出す部分が必ず相手の文章にあるのです。それを読んで理解するのです。自分とズレがあるなという感覚がなければ添削はできません。またそれが添削の面白さなのです。「この人の発想はおもしろいな」という点を見てあげるのです。それもよむということの意味です。

●モチーフをよみとる
寺田寅彦全集 第1巻~9巻

 「文章の情報の上に感情的なものが乗っているのです。朗読でも同じことです。たとえば、「ある晴れた日にわたしはきれいな空を見た。」という文などは気取った感じでよみたくなります。朗読の場がそんな感情の色づけを要求します。また、人にいろいろと話をする場合でも同じことです。声には感情が乗ります。人が書いた文章を読み上げる場合でも同じことです。「これはやさしい話ですよ」という感情と、「あなたたちにはむずかしいですよ」という感情では、声の響きがちがいます。声には感情が乗りやすいのですが、文章にも感情は乗るのです。

 「たとえば、Oくんのレポートです。一生懸命書いています。感情も伝わります。「大学に合格したら、こんな課題が来てしまった。しょうがないなあ」と思いながら書いてます。それが文章から感じられるのです。ほかにも、「めんどくさいなあ、ちょこちょこっと書いてしまおうか」という思いの出たレポートもあります。

 「そこまで文章から読み取れるのです。それが書き手のモチーフです。どういうモチーフで書いているかを読み取れば、内容がより深く理解できます。

☆お年玉セール☆マセラティ レヴァンテ サンシェード
メル523様専用、

 「親切な添削者は、この人はたぶんこういうことが書きたかったのだろうと想像して書き足すでしょう。しかし、それはやらないほうがよいのです。むしろ言えていることを明確にしてあげるのです。書き手の意図がどうであろうと、書かれただけのことをとらえるのです。これが理論文の添削では重要です。おせっかいな添削はしないことです。本人が書いてないことまで付け足すのはよくないわけです。むしろ、余分な修飾語などは削って、あなたが書けたのはこれだけですよと示すのです。あなたの文章をわかってあげるわねというお母さん意識を出さないことです。見えてないことは思い切ってカットしてしまいます。添削では、親切心は仇になるのです。

 「文章をよむときにはクールに読みましょう。クールに読んで読み取れることが書かれたことなのです。それが文章の価値です。たぶんこう言いたいのでしょうという優しいことは必要ではありません。それはでもおせっかいなのです。
 
限定 IQOS CAMO コレクション
 四つ目は、書かれた文章が内容の表現なのだということです。これは当たり前のことです。しかし、学校教育の悪いところは、作者の意図を読ませようとします。「この作者は何が言いたいのか」とか、「作者の意図を書け」とかいうのです。そこで、生徒は何が言いたいのか、読みとろうとたり、「たぶん筆者はこう言いたかったのだろう」と書くわけです。よく入試問題について、作家のコメントが出ることがあります。すると、「わたしの文章から入試問題が作られたけれども、まるでわたしの意図とは違ったものが正解になっている。わたしはそんなことは考えていなかった」というのです。(嵐 会報 3~93 抜けあり(18,19) まとめ売り)
ダイキン 電磁パイロット操作弁 KSOG022NA30
長期保存玄米ごはん(50食) ケチャップライス サンズ 教育施設限定商品 ed 806363
座卓 レザーこげ茶(天板メラミン・折足) 1200×450×325
好川産業 マイクロファイバー ミニスモールローラー こぐま 4インチ (6mm,13mm,20mm) 50本セット DIY 塗装用 ペンキ ペイント