【ふるさと割】 【レジンオーシャンアート】#107 アート/写真

【ふるさと割】 【レジンオーシャンアート】#107 アート/写真
【ふるさと割】 【レジンオーシャンアート】#107 アート/写真

今だけこっそりお値下げ【シルクスクリーン】愛のうた・白印刷 Suicaペンギン
商品名✳︎ Ocean Okinawa 蓄光入り沖縄の海をイメージして制作しました。レジンの性質上、同じ模様にはならずオリジナルの1点物となります。蓄光入りの為、暗闇でほんのり光ます✨お気に入りの場所に飾ってみませんか?【サイズ】 240mm×240mm×15mm【ご注意】※必ずプロフィールを見ていただきますようお願い致します。♪ひとつひとつ丁寧に制作しておりますが、ホコリの混入や凹凸・顔料のダマがある場合があります。♪直接日光を避け、日の当たらない場所での飾りをオススメ致します。♪発送時の梱包は、手袋をし消毒済みの状態で梱包・発送致します。♪モニター、デバイスにより画像の色味が実物と異なって見える場合があります。♪ハンドメイドのお品なので、ご理解・ご了承の程宜しくお願い致します‼︎♪神経質な方、完璧を求める方はご購入をお控えください。♪クレーム、返品対応は致しかねます。#レジンアート#オーシャンアート#海アート#ハンドメイド#ファブリックパネル#インテリア#沖縄#宮古島#海#夏#蓄光#サーフィン#ビーチ#ハワイ#ブルーカラー···ブルー系素材···木材・樹脂季節感···夏
カテゴリー:ハンドメイド>>>日用品/インテリア>>>アート/写真
商品の状態:目立った傷や汚れなし
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:未定
発送までの日数:2~3日で発送

ウィンダンシースペースジャム25周年記念コラボキャップ

【ふるさと割】 【レジンオーシャンアート】#107 アート/写真

❁︎にこちゃん様❁︎ 成人式 髪飾り トーク帽 花札

【連載】第11回
●文章添削の着目レベル
 「文章は一ぺんに添削するわけではありません。着目のレベルがあります。どのようなレベルから添削をするのでしょうか。これは目的というよりは文章を添削する時の目的意識の問題です。つまり、どの部分を添削するのかという着目の仕方です。先ほどの話では、みなさんは、最初に文章をさらりと全体を読んでいました。つまり、文字を見る、文を見る、文と文のつながりを見る、段落全体を眺めるという手順は、具体的な方法としては正しいと思います。しかし、原則としては書き出しから順序よくよむということが大切です。あくまでも声として文章が読まれるのだと考えましょう。声として文章が順序よく書かれているかどうかを問題にするのです。そして、読み取った内容から部分ごとに何が求められるかと考えながら手を入れるのです。その上で、手順として添削のレベルを考えるのです。一回よむごとにシッカリと順序よくよむのです。

 「まず、文字を直す添削があります。文を直す添削があります。文と文のつながりを直す添削があります。文と文の入れ替えをする添削があります。段落全体の構成を見る添削もあります。こう考えると、ほとんど自分が文章を書くくらいの労力がいるものだということがわかります。ですから、みなさんも、添削をするのと、文章を書くのと時間的には変わらなかったのです。自分が文章を書くくらいの気迫で行かないと添削はできません。恐ろしいことです。でも、楽しいことです。恐ろしさと楽しさが同居しています。すごいでしょう。ですからわたしは退屈をせずに、割が合わなくても添削講座を続けているのです。その結果、今では、人の文章を読みながら赤ペンを持ってすぐに直したくなってしまうのです。実際に赤ペンで直しながら文章をよむこともしばしばあります。それは文章批評であるとともに、内容への批評へと発展します。

 「そもそも、文章を理解するということは、実は添削の作業のようなものです。ある人が言っています。
 ――文章をよむということは翻訳なのである。他人の言い回しを、自分のことばに置き換えるようなものなのである。

 「自分の持っている言語体系と照らし合わせて他人の言語体系をとらえているのです。外国語との関係で言うならば翻訳になるわけです。ですから、添削は勉強になるのです。おもしろいのです。でも、つらいのです。むずかしいのです。相手の文章が、すべて自分に分かるとは限りません。自分の言語体系からはみ出す部分が必ず相手の文章にあるのです。それを読んで理解するのです。自分とズレがあるなという感覚がなければ添削はできません。またそれが添削の面白さなのです。「この人の発想はおもしろいな」という点を見てあげるのです。それもよむということの意味です。

●モチーフをよみとる
【新品】フットマッサージ器

 「文章の情報の上に感情的なものが乗っているのです。朗読でも同じことです。たとえば、「ある晴れた日にわたしはきれいな空を見た。」という文などは気取った感じでよみたくなります。朗読の場がそんな感情の色づけを要求します。また、人にいろいろと話をする場合でも同じことです。声には感情が乗ります。人が書いた文章を読み上げる場合でも同じことです。「これはやさしい話ですよ」という感情と、「あなたたちにはむずかしいですよ」という感情では、声の響きがちがいます。声には感情が乗りやすいのですが、文章にも感情は乗るのです。

 「たとえば、Oくんのレポートです。一生懸命書いています。感情も伝わります。「大学に合格したら、こんな課題が来てしまった。しょうがないなあ」と思いながら書いてます。それが文章から感じられるのです。ほかにも、「めんどくさいなあ、ちょこちょこっと書いてしまおうか」という思いの出たレポートもあります。

 「そこまで文章から読み取れるのです。それが書き手のモチーフです。どういうモチーフで書いているかを読み取れば、内容がより深く理解できます。

ボッテガヴェネタ ヘアバレッタ 訳あり
GUCCI iPhone11 携帯ケース

 「親切な添削者は、この人はたぶんこういうことが書きたかったのだろうと想像して書き足すでしょう。しかし、それはやらないほうがよいのです。むしろ言えていることを明確にしてあげるのです。書き手の意図がどうであろうと、書かれただけのことをとらえるのです。これが理論文の添削では重要です。おせっかいな添削はしないことです。本人が書いてないことまで付け足すのはよくないわけです。むしろ、余分な修飾語などは削って、あなたが書けたのはこれだけですよと示すのです。あなたの文章をわかってあげるわねというお母さん意識を出さないことです。見えてないことは思い切ってカットしてしまいます。添削では、親切心は仇になるのです。

 「文章をよむときにはクールに読みましょう。クールに読んで読み取れることが書かれたことなのです。それが文章の価値です。たぶんこう言いたいのでしょうという優しいことは必要ではありません。それはでもおせっかいなのです。
 
マークアンドロナ2021AW最新作美品Hotline Short Top
 四つ目は、書かれた文章が内容の表現なのだということです。これは当たり前のことです。しかし、学校教育の悪いところは、作者の意図を読ませようとします。「この作者は何が言いたいのか」とか、「作者の意図を書け」とかいうのです。そこで、生徒は何が言いたいのか、読みとろうとたり、「たぶん筆者はこう言いたかったのだろう」と書くわけです。よく入試問題について、作家のコメントが出ることがあります。すると、「わたしの文章から入試問題が作られたけれども、まるでわたしの意図とは違ったものが正解になっている。わたしはそんなことは考えていなかった」というのです。(キルテッドジャージースカート)
手描きイラスト◇ホーク
掛け布団 セット South Carolina Gamecocks Comforter and Sheet Set Twin Full Queen King Size
カワラ菌糸ビン1400 15本セット
ビルケンシュトック×マークジェイコブス